忍者ブログ
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自然の中での体験、マリンスポーツ体験を通して、
子供達に自然の素晴らしさを知ってもらい、
子供達が潜在的に持っている可能性(人間力)を引き出すこと!

海の生態系、特に環境への理解と、その豊かさを次世代に繋ぎ還元していくこと!

3.jpg

洋之助ファンフェスタボランティアスタッフを募集しています。
日時:9月11日(日)
内容:マリンスポーツ体験教室サポート
場所:葉山公園(大浜海岸)

詳細はこちらをご覧下さい

マリンスポーツ一覧↓
★ サーフィン/ボディボード体験教室
★ ウインドサーフィン体験教室
★ ライフセーバー・デモ
★ 救急救命教室(看護士講習)
★ 沖縄古代漁船サバニ体験(デモ)
★ シーカヤック体験教室
★ アウトリガーカヌー体験教室
★ 手作りいかだ体験
★ スタンドアップパドルボード体験
★ ビーチクリーンと海岸での他のイベント

※人数の把握の為にWEB予約から、ボランティアスタッフの募集を承っております。

※集合時間や細かい詳細はわかり次第お知らせ致します。
PR
第2回BEACHボランティアクラブ「東日本大災害復興支援」詳細
(8月29日30日31日)

【出発日】
2011年8月28日(日)

【集合場所/集合時間】
8月28日(日)
JR赤羽駅(西口改札前)22:00集合

【現地到着時間】
8月29日(月)AM7時予定

【ボランティア活動時間】
(1日目)8月29日(月)AM9時~PM16時予定
(2日目)8月30日(火)AM9時~PM16時予定

【現地出発時間】
(3日目)8月31日(水)AM9時予定
→31日は移動日となります。

【帰着日】
2011年8月31日(水)20時(都内)到着予定

【車種】
ハイエース(レンタカー)10人乗り

【費用】
一人12,000円程度(集合場所からの往復移動費のみ)(食費等は含まれません)
(最終日に集計します)

【活動場所】
岩手県釜石市

【受入先】
カリタスジャパン 釜石ベース(ボランティアセンター)
(ブログ)
http://ameblo.jp/kamaishi311
http://caritasjapan.jugem.jp/?eid=47

【活動内容】
がれき除去や泥出しなど、ベース周辺での清掃作業、避難所でのお湯配りサービスなどの作業、避難所での傾聴ボランティア(お茶のお相手)など。その日の(社会福祉協議会を通じた)ニーズにより変化します。専門職・技術が活かせない場合もあります。

【一日の流れ】
朝食(6時〜)
朝のミーティング(7時45分〜)
移動、ボランティア活動(8時30分~16時予定、適宜休憩あり)
自由時間、銭湯など(16時〜)
夕食(18時〜)
ミーティング、振り返り、明日の予定確認(19時20分〜)
消灯(22:00)

【ベース情報】
住所:〒026-0022 岩手県釜石市大只越町2-4-4 カトリック釜石教会
電話:0193-22-1165(教会)
ライフライン:水道水あり、電気あり、LP ガスあり、調理用にカセットコンロとガスボンベあり、お風呂・シャワーはなし

【宿泊、お風呂について】
カトリック教会(以下、ベース)を宿泊所として提供しています。
避難所近くの銭湯があるので、お風呂には毎晩入れます。
寝る場所も快適な室内なので、薄手のシュラフなどで十分かと思います。
(なお車内泊、テント泊はできません)

【食事について】
ご飯・味噌汁は、協会が提供してくれます。近所の商店でも食料入手可。おかずになるもの(レトルト・缶詰など)をお持ち下さい。調理もできます。

【保険について】
サポートセンターで「東京海上日動の国内旅行総合保険」に加入し、ボランティアが到着してからボランティア終了後センターを退出するまでの、事故によるケガを保証してくれます。地震や津波によるケガは補償されませんので、ご心配な方は(各自で)最寄りの社会福祉協議会で「ボランティア活動保険(天災タイプ)」に加入してください(任意、費用は自己負担)

(全社協が実施しているボランティア活動保険の場合)
年額490円(天災Aタイプ)、720円(天災Bタイプ)により、地震、噴火、津波によるケガも補償されます。
ボランティア保険の詳細はこちらhttp://www.fukushihoken.co.jp/


【持ち物、服装について】
詳細はこちらをご覧下さい。
水害ボランティア作業マニュアル(ダウンロード)
http://www.saigaivc.com/app/download/3819477115/suigai-manual.pdf?t=1302414307

服装:
気候に合わせた動きやすい服装が肝心。春夏でも朝晩は冷えます。下着はなるべく綿製品を避け、汗を発散する化学繊維または羊毛の下着を選びます。綿の下着は汗を吸収し体を冷やし、体力を奪います。念のため防寒着も用意して下さい。天気によっては日中暑い日もあり、作業中は長袖シャツ1枚で良い事もある。事前に週間予報で気温をチェックするのが無難。レインウェアは必須です。熱中症の対策をこまめに行って下さい。

長靴:
防水・釘の踏み抜きも防止した底の厚い長靴(安全靴)を用意してください。
普通の長靴であれば、「鉄板入りのインソール」を必ず入れて下さい。
(インソールは、BEACHでもレンタルを用意しています)

帽子:
地震の直後は、建物の倒壊や落下物によるケガの危険があります。余震もいつ起こるか分かりません。まず自分の身を守ることが先決です。ヘルメットならば頭を守る点では申し分ないのですが、せめてベースボールキャップはかぶって行動しましょう。もちろん危険な建物には近寄らないことが前提です。防寒用にニットキャップもあると便利。

手袋:
ガレキをどけたり、物資を運ぶ際も手袋は欠かせません。

マスク:高性能な立体マスク
都市型災害では、倒壊家屋やビルの取り壊しによって、おびただしい粉塵が発生します。問題はその粉塵に含まれるアスベスト。アスベストは断熱材などに使用された物質ですが、これを吸い込むと10年後20年後に肺ガンを誘発すると恐れられています。マスクの着用はこれを遮断するには最も効果的。不織布を用いた工業用のマスクが最も優れています。普通のマスクでは効果がありません。ホームセンターなどでお求めを。

ゴーグル:
花粉症対策の防塵アイウェア

お金 :
あまり多くを持ちすぎないように適当な額。泥棒だっているわけですから、ウエストポーチなどに入れて、絶対に体から離さないようにします。

バックパック:
ボランティアは自己完結が原則、自分の荷物は一つにまとめて行動します。そのためにはバックパックが必須アイテム。中に物を入れる場合は、軽いものを下に重いものを上に入れます。サイドポケットにはすぐに使うものを入れておきます。新たに購入する場合は、登山やキャンプ用品の専門店に相談し、多少高価でも体格に合わせたものを選ぶと良いでしょう。普段はトレッキングに使えます。なければ普通のスポーツバッグやウェットバッグでもOKです。

寝袋(シュラフ):
夏用と冬用では性能が異なるので、必ずチェック。
今回は、室内泊なので、薄手でも問題ありません。
キャンプ用のマットがあると快適です。

食べ物:
宿泊するカリタス会釜石教会近くにスーパーが営業中。昼食や必要なら捕食も購入出来ます。
初日の昼食、携帯食は事前に用意しておいてください。二日目用の買い出しは、初日の夜に行う予定です。

救急セット:
応急バンソウコウ、頭痛薬、うがい薬、風邪薬、胃腸薬、ビタミン剤、常備薬(持病用の薬)などを活動する日数に応じて用意しましょう。健康保険証のコピーも念のため用意します。

被災地及び周辺の地図
携帯しやすいコンパクトなもの。事前に被災地の道路、鉄道などの交通情報も調べておきましょう。

洗面用具:
各自のタオルと歯ブラシ、歯磨き粉の類。ハンドタオル、バスタオルなど。初日の夜は温泉に行く予定です。
埃を吸いやすいので、ウェットティッシュとティッシュも必須です。

その他の装備:
携帯電話、ラジオ、懐中電燈、筆記用具、ノート、マジックなどがあればなお便利。携帯電話の充電機もお忘れなく。活動中に余震が発生し非難することを考えて下さい。備えあれば憂いなし


【注意事項】
・資機材(スコップ、一輪車など)はセンターで借りる予定です。無理に持っていく必要はありません。
・食べ終わった弁当、ジュ-スの空きカンなどのゴミは各自管理となります。
・トイレは釜石駅と、釜石シープラザ、釜石観音入口、協会ベースにあります。
・体調の悪い人は無理をしないで下さい。
・現金などの貴重品は身体から離さないようにして下さい。貴重品、持ち物は各自管理となります。
・写真撮影について、一部ボランティアの心ない写真撮影が話題に上がっております。被災者の気持ちを考えた行動をお願いします。

ご不明点ははBEACH黒野まで。
volunteer@beach-hayama.com
【内容】
シュノーケリング講習会のサポート
(神奈川県、東京都、千葉県にある児童養護施設の子供30名程度の講習会です)

【日時】
2011年7月23日(土曜日)(終日)

【場所】
神奈川県三浦市和田長浜海岸 

【ボランティア募集人数】
4〜5名(先着順)

【主催】
CROP-MONORI
http://www.cropminori.com/index.html

【内容詳細】
CROPでは毎年7月〜8月に児童養護施設の子どもたちを対象に、東京都御蔵島で自然体験学習事業を実施しています。自然のイルカたちとドルフィンスイムを行なうのですが、その事前説明とシュノーケリングの練習を目的に、上記日程でシュノーケリング講習会を実施します。シュノーケリングガイドさん指導のもと、実際の海の中で子どもたちと一緒にシュノーケリングをして水慣れの練習をサポートして頂くボランティアスタッフの募集です。シュノーケリングなどの特別な技術は必要ありません。ガイドさんの指導のもと、楽しく子どもたちをサポートできる方の募集をお待ちしています。

【お申し込み】
メールにて参加表明を送って下さい。 volunteer@beach-hayama.com
・お名前
・携帯メールアドレス/PCメールアドレス
・携帯番号

担当:BEACH/津田和司
こんにちは、黒野です。
第1回の現地レポートです。

釜石市と大槌町は、まだまだ人手が足りなく、
今後も継続的に行う予定です。




金曜日深夜、仕事終えたBEACHメンバー達が集まります。ここは逗子駅。
BEACH女性陣のたくましさには、びっくりしました。
(サバイバル仕様)



赤羽駅で都内組と(無事に)合流。
いざ釜石へ、片道700キロの旅。



男性陣は全行程の運転を担当。ルート計画を立てます。



那須のドライブインで休憩。ここで夜明けを迎える。



東北自動車道を降りて、美しい山岳部を通過していくと、



風景が変わってきました、釜石市に到着。
緊張感と悲しみが混じり合い、言葉がでない。




今回のベースキャンプ「カトリック釜石教会」に到着。



第1回BEACHボランティアクラブメンバー(合計15名)
(男性)大野さん、横手さん、尾張さん、郡山さん、田中さん、黒野
(女性)小島さん、大野さん、伊藤さん、粕谷さん、長谷川さん、小川さん、谷澤さん、藤波さん、隅田さん



土曜日「1日の流れ」です。
BEACHグループの仕事は、以下の内容でした。

1)瓦礫撤去・泥出し
2)避難所での清掃
3)避難所での調理
4)避難所での傍聴「心のケア」

各自割り当てられた仕事に出発します。



こちらは泥出しチーム。
大槌町の吉里吉里という街に到着。



仕事内容は、新設された仮設住宅(奥に見える)の下水が流れるように、
側溝内のヘドロを除去すること。



女性陣を引っ張ってくれた「小島さん(トレイルランナー)」
オレンジの作業服でヘドロを土嚢袋に入れています。



ランチタイム、休憩時間。




午後の作業も終わり、一日の成果。
きれいな水が流れ出しました。



夜のミーティング、それぞれの作業を振り返り「感じたこと」を共有します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回参加した15名は「この街に笑顔が戻るまで」と誓いました。
復興支援にはたくさんの人の力が必要です。
私達も日々会う人にそれを呼びかけています。

体力に自信のない方でも、仕事は沢山あります。(清掃や調理、心のケア、子供のケアなど)
道具を持っていなくても、現地で借りることができます。(ヘルメット、長靴など)
ぜひ力を貸して下さい。

次回「BEACHボランティアクラブ」の日程です。

第2回:8月29日(月)8月30日(火)8月31日(水) ← 確定
第3回:10月1日(土)10月2日(日)10月3日(月) ← 予定、計画中

メールにて参加表明を送って下さい。 volunteer@beach-hayama.com
・お名前
・携帯メールアドレス/PCメールアドレス
・携帯番号

BEACH
黒野まで
この度は、東日本大震災復興支援「BEACHボランティアクラブ」へ多数の参加表明をいただき、誠にありがとうございます。

活動場所は、岩手県の南東部「釜石市」に決まりました。
今回参加される皆様へ、後ほど詳細をメールさせていただきます。

第1回(6月25日26日)の受付は定員となりました。
次回は、7月8月...と月1回のペースで向かう予定です。

復興支援はながくながく続くことでしょう。
今後とも皆様のご協力をお願い申し上げます。

第1回の様子は、後日このブログでUPしたいと思います。

BEACH ボランティアクラブ
黒野 崇
BEACH HAYAMA
Volunteer CLUB


「自分の健康の為に鍛えた身体が、
 誰かの為に役立つということ」

ランナー、サーファー、クライマー、トライアスリート...自分の為に鍛えた身体(体力)を、他の誰かの為に使ってみませんか。

「災害復興支援」「青少年育成支援」「各種レースサポート」「イベント支援」など、様々なボランティア活動や情報提供を積極的に行っていきます。

主催
一般社団法人アウトドアフィットネス協会


【対象】

1) アウトドアフィットネス協会/BEACH会員の方

2)心身ともに健康で、協調性のある方

3)ボランティア保険加入を必須とさせて頂きます(費用は自己負担でお願いします)

4)現地(支援先)に迷惑をかけない(交通手段、宿泊など)

その他内容により異なります、このブログでご確認ください。


【日時など】(不定期)
 ※このブログでご確認下さい。
【協力団体/企業】



Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]